玉城徹の本


文庫版
188ページ
定価:1,000円+税
送料:サービス

玉城徹 歌集『左岸だより』

玉城徹没後10年企画出版

販売を開始いたしました!

玉城徹没後10年企画出版。
実践と評論をもって現代短歌の高峰に達した歌人・玉城徹。
その最晩年に到り得た静謐な<うた>の世界。
『玉城徹全歌集』収録の未刊歌集『左岸だより』に、エッセイ「わたしの短歌―戦後の第一ページ」「『馬の首』時代スケッチ」「『樛木』の歌その一」「『樛木』の歌その二」の四編を収録。最晩年の短歌作品と歌人としての出発を一冊におさめる。

 
A5判上製カバー装
912ページ
定価:12000円+税
送料:サービス

玉城徹全歌集

短歌という詩

いりの舎より、2017年5月26日刊行!好評発売中!

古今東西の芸術・美学に精通し、実践と評論をもって〈現代短歌〉の超克をめざした歌人・玉城徹。広く世界と人間を詠み続けたその作品は、遂に短歌の高峰に達する。既刊九冊に未刊の「左岸だより」、自選歌集『汝窯』、長歌集『時が、みづからを』、詩集『春の氷雪』を収録した詩歌文学の集大成。

【収録詩歌集】
『馬の首』『樛木』『われら地上に』『徒行』『蒼耳』『窮巷雜歌』『香貫』『枇杷の花』『石榴が二つ』
未刊歌集「左岸だより」、自選歌集『汝窯』、長歌集『時が、みづからを』、詩集『春の氷雪』

その他歌集の紹介

第2歌集『樛木』(文庫版)
第5歌集『蒼耳』
第6歌集『窮巷雑歌』
第7歌集『香貫』(文庫版)
第8歌集『枇杷の花』
自選歌集『汝窯』
長歌集『時が、みづからを』
評論集『西行 『山家集』の世界』
随想集『喜劇の方へ』 
評論集『昭和短歌まで その生成過程』
評論集『芭蕉の狂』
評論集『俳人虚子』
アフォリズム集『藜の露―短歌にかかわる断章』
評論集『短歌復活のために 子規の歌論書簡』

お問合せ・ご注文は電話、FAXか注文フォームまでお願いします。

お問い合わせ先:いりの舎
電話番号:03-6413-8426
FAX番号:03-6413-8526

フォローお願いします。

 

03-6413-8426

東京都世田谷区代沢5-32-5
シェルボ下北沢403

いりの舎へのアクセス
小田急線・京王井の頭線
下北沢駅南口より徒歩5分